京都ぐらしの心学者ブログ Blog

暫く休会となっていた心学修正舎の会輔が、本日6月9日、イセトー本社会議室において行われました。

今回、長野理事から依頼されて自分が担当講師となり、「石門心学の文献学」というテーマで約1時間ほどお話させていただいた次第です。

当然のことながら10名ほどの参加者がすべてマスクをしており、自分もまた検温を受けた上で講師を務めたのですが、マスクをしながらの講義はなかなか難しいため、お借りしたフェイスガードを使うことでなんとか務めを果たすことができました。