京都ぐらしの心学者ブログ Blog

本日、心学修正舎の会輔があり、参加してきました。

8月は歴彩館の講演のため会輔は無く、9月の会輔は新型コロナウイルスのため休会となったので、約3カ月ぶりの会輔の開催となります。

会輔の内容は『都鄙問答』の「性理問答ノ段」の続きを長野理事が講義するものでしたが、『都鄙問答』を講義と注釈を手がかりにしながら丁寧に読解する体験は久々だったので、かなり新鮮な気持ちで会輔に参加することができました。

なお、今回の会輔で以前参加されていた藤井幹明様がお亡くなりになられたことが伝えられました。

この場を借りまして、心よりご冥福をお祈りいたします。