京都ぐらしの心学者ブログ Blog

先日、書道教室の帰りに京セラ美術館前を通ったところ、京セラ美術館がライトアップされていました。

このライトアップはグランドオープン前の昨年12月から開始されており、日没から22時までの間15分ごとにアイトアップの演出が変更されます。

この演出を担当したのが盒橋太氏というアーティストなのですが、単なる間接照明ではなく様々に移り変わる演出のあるライトアップを見ることは夕方にこの付近を散策する際の愉しみの一つとなっています。