京都ぐらしの心学者ブログ Blog

本日、京都MOVIXへ映画を見た帰りに三条小橋を通ったところ、やけに付近がすっきりした光景になったように感じられました。

よくよく見てみると、丁度「佐久間象山・大村益次郎遭難之碑」の横にある大木が伐採されていることに気付いた次第です。

特に枯れていた様子も無かったのですが、ひょっとすると現在共同溝工事を行っている関係で、伐採することになったのかもしれません。

ただ、このままだと少し寂しい印象がありますので、後日何か新しい木を植え替えてもらいたいと思います。