京都ぐらしの心学者ブログ Blog

4月16日(火)、公開講座「石田梅岩著『倹約斉家論』を読む 現代心学の展開供廚梁茖臆鷙嶌造魍催いたしました。

今回から、『倹約斉家論』の本文についての解説に入り、「斉家論序」と「斉家論上」の冒頭部分を取扱いましたが、その中でも特に「文」の問題について詳しく取り上げました。

今回のレジュメは近日中にアップする予定です。

 

 

 

 

 

 

身辺雑記

2019.04.02 Tuesday

高瀬川桜まつり

3月31日(日)、花見に出掛け、河原町周辺を散策している中、高瀬川の桜まつりを見る機会を得ました。

少し肌寒い気候ではありましたが、天気は良く、満開に近い桜を大勢の人が楽しんでいる様子が伺えました。

 

 

 

 

 

 

2019年3月19日に行った公開講座「石田梅岩著『倹約斉家論』を読む 現代心学の展開供彗茖渦鵑離譽献絅瓩鮠ι憤賤にアップいたしました。このレジュメは当日公開講座で使用したパワーポイントのデータを一部修正を施してPDF化したものです。

3月19日(火)、公開講座「石田梅岩著『倹約斉家論』を読む 現代心学の展開供廚梁茖渦鷙嶌造魍催いたしました。

今回は第1回目ということもあり、『倹約斉家論』の内容にはそれほど踏み込まず、『倹約斉家論』の周辺部分について講義を行いました。

具体的には、現代にあって『倹約斉家論』を読む意義、特に現代心学という観点からどのような読み方が可能かといった話と、木版本や校訂本の種類など、『倹約斉家論』の書誌学的な話題についてです。

次回以降、『倹約斉家論』の内容に踏み込んだ話を展開していく予定にしておりますので、関心のある方は気軽にご参加ください。

 

 

 

 

 

 

3月14日(土)の夜、京都・東山花灯路を見に行きました。

少し冷え込んではいましたが、雨に降られずにすみ、いけばなや行灯で目を楽しませつつ円山公園まで散策しました。

途中、狐の嫁入りの巡行が知恩院から出発するところに出会わせ、すぐそばからその模様を写真におさめることができました。