京都ぐらしの心学者ブログ Blog

昨日の朝、通勤のため南座前を通った際、看板が新しくなっていることに気付きました。

どうやら恒例の「まねき上げ」がすでに行われていたようで、いよいよ年末が始まったことを実感した次第です。

「まねき上げ」は、年末に行われる歌舞伎の『吉例顔見世興行』の出演者の名前が書かれた看板を掲げることで、その看板は独特の丸みを帯びた文字である「勘亭流」という書体で書かれています。

『吉例顔見世興行』は11月30日から12月26日に公演されるそうですが、残念ながらまだ一度も観たことがなく、いつか観劇する機会を持ちたいと思っています。

 

 

 

身辺雑記

2019.11.29 Friday

知恩院黒門

知恩院の黒門の修復工事が暫く続いていましたが、本日通勤の際、すでに修復が終っていることに気付きました。

その黒門には朝から観光客が来ており、熱心に黒門の写真撮影している姿を見て、紅葉のシーズンであることを実感した次第です。

事実、知恩院の紅葉は今まさに見頃となっています。

 

 

 

 

今日、スポーツジムからの帰り道に、東大路通りを過ぎた後、いつもの三条通りではなく一筋北の裏道を使いました。

すると、古川町商店街の入口の丁度向かい側の方向にあるところに、新しい宿泊施設ができていることに気付きました。

ホテルエスノグラフィ東山三条別邸というのがそれで、結構おしゃれな趣のブティックホテルです。

これまで「民宿 古梅川」ぐらいしか宿泊施設は見当たらなかったこの裏道ですが、近年の観光需要を受けてこれからも新たな宿泊施設が増えそうな雲行きです。

 

 

身辺雑記

2019.11.26 Tuesday

清水寺

紅葉のシーズンで混雑しているのを承知で、本日清水寺に行ってきました。

というのは、先日、石田梅岩墓前祭に参加した際、大谷本廟を通って清水寺に行く抜け道コースを発見したためです。

予想通り、人込みにぶつからずに清水寺にいくことができ、また、石田梅岩のお墓にお参りすることもできて、一石二鳥の清水寺観光となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

身辺雑記

2019.11.25 Monday

公文書写教室

週に1回公文書写教室に通っています。

以前は三条大橋近くのビルの1室が教室だったのですが、そこが使えなくなったことで三条商店街にあるビルに教室が移転しました。

しかし、その移転先の教室も使えなくなったため、10月から休室となっていたのですが、11月に新しい教室が決まり先週から再び通い始めています。

新しい教室は、京都市役所の少し北にある河二ビル内にあるCHK京都アナウンススクールの1室です。

従って現在、アナウンサーや声優を目指す人たちが使っている教室で書道を習っているわけなのですが、日夜アナウンサー志望者や声優志望者がここで勉強しているのかと思うと不思議な感じがしてきます。