京都ぐらしの心学者ブログ Blog

身辺雑記

2019.01.03 Thursday

建仁寺

元旦に建仁寺に行ってきました。

拝観料を払って中に入ったのは随分前のことだったので、有名な双龍図や風神雷神図屏風などを久々に鑑賞する機会がえられました。

また、建仁寺には摩利支天と猪を祀る建仁寺摩利支天堂があり、そこへも足を延ばしましたが、今年が亥年ということもあり、多くの人が参拝に来ていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

身辺雑記

2019.01.02 Wednesday

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

午前0時を回った年明け草々、自宅から歩いて平安神宮へ初詣に行ってきました。

例年と同じく、平安神宮は夜中でも多くの人で賑わっており、参拝待ちの行列に並ばされましたが、気温もそれほど低くはなかったため、待ち時間はそれほど苦にはなりませんでした。

また、平安神宮前の通りでは長い行列ができている出店もありました。

 

 

身辺雑記

2018.12.31 Monday

年末のご挨拶

本日で平成30年が終り、平成最後の年末を迎えることとなります。

合同会社心學研究社を設立してから約1年半、何とか活動を続けることができました。

いまだ十分な活動実績を上げているとは言い難いですが、あせることなく着実に歩み続けていきたいと考えておりますので、来年もご支援のほどよろしくお願いいたします。

 

2018年12月18日に行った公開講座「現代心学の展開」第4回のレジュメを商品一覧にアップいたしました。このレジュメは当日公開講座で使用したパワーポイントのデータを一部修正を施してPDF化したものです。

12月18日(火)に公開講座「現代心学の展開」の最終回にあたる第4回講座を開催いたしました。

今回のテーマは国語国字問題についてで、戦後の国語改革がどのように実施されたのか、その問題点は何かを、自分の最初の著書である『国語国字の根本問題』(新風書房、1995年)や「官報」号外を含めた様々な資料を紹介しつつ解説いたしました。

 

公開講座「現代心学の展開」はこの回で無事終了いたしましたが、来年3月からまた4回に渡って公開講座を開催する予定です。テーマは「石田梅岩著『倹約斉家論』を読む 現代心学の展開供廚如現代心学の観点から石田梅岩の最後の著書である『倹約斉家論』を読み解きたいと考えております。詳細につきましては改めてお知らせいたします。