京都ぐらしの心学者ブログ Blog

徒歩で四条河原町にできるだけ時間をかけずに出たいとき、白川に沿って歩くことがよくあります。

今日は大学の行事のため早出しなければならなかったので、白川沿いを歩いて出勤しました。

その際、東大路通りの知恩院前停留所のところにある公衆トイレが工事中であることに気づきました。

工事期間は来年の3月末までとなっており、思ったより工事に時間がかかりそうです。

この公衆トイレはよくタクシーの運転手が利用されているので、この工事の影響は結構あるかもしれません。

 

 

 

身辺雑記

2019.10.05 Saturday

京都マムフェス

本日、山元麺蔵で昼食を食べた後、岡崎公園に寄った際、京都マムフェスというイベントが開催されているのを知りました。

ネット情報によると、京都最大級ママイベントでママが主役の家族も楽しめるとのことです。

ただ、平安楽市(岡崎公園手づくり市)や平安蚤の市に比べると、客はそれほど多くはなく、目玉になるイベントがもう少し欲しいように思いました。

 

 

 

三条通りにある日本ローマ字会の建物がリフォームされ、新しく生まれ変わりました

新たにできたのは「白澤堂(はくたくどう)」という鍼灸・接骨院で、三条通りにある接骨院としてはたしかこれが2軒目となります。

入口には胡蝶蘭が置かれ、すでに何人かのお客も入っている様子でした。

 

 

 

身辺雑記

2019.10.03 Thursday

粟田神社

自宅からそう遠くないところに粟田神社があり、大学へ出勤する日には阪急河原町駅へ歩いて行くので、たいていその前を通ることになります。

今日もその前を通ったところ、鳥居は竹で飾られており、もうすぐ始まる令和最初の粟田祭の準備は整っている様子でした。

なお、粟田祭と一口に言いますが、これは12日から15日頃にかけて行われる夜渡神事、神幸祭、例大祭などの祭礼を総称したものです。

中でも夜渡神事では大燈呂が巡行し、たまたま自宅前を通ることとなっていますので、今年も京都造形大学の学生さん達の労作である大燈呂を間近で見ることにしたいと思っています。

 

 

 

 

 

身辺雑記

2019.10.02 Wednesday

鴨川の納涼床

鴨川の納涼床は毎年5月1日から9月30日まで設営されます。

10月に入ったので、当然その納涼床は解体されることになり、昨日からその工事が行われていたのですが、さすがにすべてを一挙に解体することは難しいようで、10月2日時点でまだ半分近くの納涼床は残ったままの状態でした。

三条大橋のそばにあるスターバックスの納涼床はすぐに解体されましたが、10月に入っても厳しい残暑が続いていますので、今年はもう暫く納涼床を残しておいても良かったかもしれません。

なお、三条大橋のスターバックスすぐ下の川辺では、鴨川の鴨を集めてエサを与えている一人のおじさんの姿が目に留まりましたが、20年以上京都に住んでいて三条大橋からそうした姿を見るのはこれが初めてです。